Consulting

コンサルティング
Home  /  サービス  /  IT  /  コンサルティング  /  IT戦略コンサルティング  /  業務分析・要件定義・設計開発支援

業務分析・要件定義・設計開発支援


業務のあるべき姿とシステム環境のギャップを埋め、お客様の経営戦略に合致したシステムの構築をご支援します。

真の目的を常に意識したプロジェクト運営

システム導入自体が目的となったプロジェクトは失敗のリスクが高くなります。弊社はシステム導入の全ての段階において、真の目的(サービス向上、コスト削減、業務品質向上)との合致度をチェックするマイルストーンを設けてプロジェクトを推進します。

運用保守フェーズを見据えたコストの適正化

新規にシステムを構築する際は、初期導入コストばかりが着目され、その後の運用保守が軽視されがちです。
弊社は、業務分析~設計・開発フェーズにおいて、システム稼働後に安定的且つ費用対効果に優れた運用保守が実現できる仕組みとなっているか、という観点を常に意識し、ソリューションやアプリケーションアーキテクチャの選定作業をご支援します。

業務分析
現状の業務(As-Is)を分析し、お客様との検討を通じてあるべき姿(To-Be)を整理します。
業務分析にあたっては、経営視点でのトップダウンからの要請と現場視点でのボトムアップでの要請を広く収集した上で、経営戦略に照らした取捨選択と優先順位付けによって、効率的に分析業務を遂行します。
要件定義
業務のあるべき姿(To-Be)を実現するために必要となるITの構成要素を、機能要件/非機能要件の観点で定義します。
必要に応じてモックアップやプロトタイプを活用することで、設計工程以降での手戻りを最小化します。
設計開発支援
進行中のシステム開発プロジェクトにおいて、設計書やソースコードのレビュー、会議体への参画を通して、成果物品質の維持・向上をご支援します。
レビューに際しては、アーキテクチャやソースコードの保守性についても確認し、リリース後の維持管理コストが最小限に抑えられる仕組みとなっているかをチェックします。