Services クラウドサービス

CLOUD クラウド

日本政府は、政府情報システムの整備の際にはクラウドサービスの利用を第一候補として検討すべきとした「クラウド・バイ・デフォルト原則」の基本方針を発表しました。この基本方針を受け、政府・自治体、教育、医療などの公共機関だけでなく、民間企業においても、クラウドサービスの利用が第一候補の選択肢となってきます。

しかしながら、クラウドサービスの利用がIaaS利用のみ、といったものではクラウドの持つメリットを最大限に享受することはできません。アプリケーションのクラウドネイティブ化、開発・運用プロセスの効率化(DevOPS)など、クラウドサービスを使いこなすための取り組みが必要不可欠です。

BTCでは、お客様がクラウドからより多くのメリットを享受するために必要となる取り組みをご支援します。

クラウドネイティブ開発

変化の激しいビジネス環境に迅速かつ柔軟に対応し続けていくためには、ビジネスニーズを支えるアプリケーションも絶えず進化していくことが求められます。アプリケーション全体を1つの塊として管理するスタイルでは、大規模化・複雑化の傾向にあるビジネス環境に迅速に対応することはできません。
アプリケーションの構築と更改を迅速に行い、品質改善とリスク低減も同時に実現する開発アプローチ、それが「クラウドネイティブ開発」です。

クラウドネイティブを実現するアプローチとして、クラウドネイティブなアプリケーションのためのオープンソースソフトウェアの開発を進めている団体 Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、「コンテナ」「マイクロサービス」といったキーワードを挙げています。

コンテナは、アプリケーションの仮想化技術の一つです。コンテナは、CNCFによる標準化が進められており、高い可搬性・再利用性・柔軟性・自由度といったメリットがあります。しかしながら、その柔軟性・自由度の高さゆえ、運用管理の責任範囲が広くなってしまうというデメリットも内在しています。
この運用管理の責任範囲を排除するための仮想化技術として、サーバーレスが登場しました。運用管理の省力化、インスタンスのオートスケール等のメリットがある一方、コンテナと比較すると標準化が道半ばということもあり、ベンダー独自機能で実装する必要があるなどのデメリットもあります。

コンテナ、サーバーレスの技術特性を理解し、ビジネスニーズに応じて適材適所に使い分けて適用することが、これからのクラウドネイティブのアプリケーション開発に求められています。

クラウドトランスフォーメーション(クラウドリフト、クラウドシフト)

ビジネスのデジタル化に取り組む企業は着実に増加しつつあり、デジタル化に未着手の企業は少数派となっています。
一方、国内の8割の企業がレガシーシステムを抱えており、その存在がデジタルトランスフォーメーションの足かせとなっているとのレポートもあります。ここでレガシーシステムとは「業務プロセスを含むシステムの全貌と機能の意義がわからない状態」にあるシステムと定義されています。

これら企業がレガシーシステムから脱却できずにいる背景には、技術面の老朽化、システムの肥大化・複雑化、ブラックボックス化といった課題の解消が困難であることが挙げられます。

レガシーシステムのインフラストラクチャーだけを刷新し、アプリケーションは現状維持したままクラウドへ移行しても、ビジネスのデジタル化は実現しません。アプリケーションのクラウドネイティブ化、開発・運用プロセスの効率化といったその先を見据えた戦略が重要です。一方で、ビッグバン的にレガシーシステムをクラウドネイティブ化することの難易度は高く、段階を経て移行するクラウドジャニーを明確にして実施しないと、目的であるデジタル化の足かせになりかねません。レガシーシステムのインフラストラクチャーだけを刷新する「リフト」、その後アプリケーションを少しずつクラウドネイティブ化していく「シフト」を組み合わせていくことが、デジタル化の実現には必要不可欠です

マネージドサービス

「マネージドサービス」とは、機能だけではなく、運用管理も一体となって提供されるサービスです。PaaS系のサービスが該当します。

しかしながら、クラウドベンダーが提供するサービスには、マネージドサービスではないIaaS系のものも多くあります。例えばAmazon EC2ではコンピューティングリソースは提供されますが、OSへのセキュリティパッチの適用やストレージのバックアップ、障害の監視、障害発生時の回復作業といった運用管理は利用者の責任で実施しなければなりません。このようなサービスを利用する際には、セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスを確保するため、そのリソースの可視化と管理の強化が必要です。

BTCは、クラウドベンダーが提供する監視機能や自動化機能などを駆使して、セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスを確保に向けた取り組みをご支援します。

豊富な実績に裏打ちされたソリューションを提供できます

多くのAWS構築、移行、コンサルティングの実績が認められ、アドバンスドレベルのコンサルティングパートナーに認定されました。

  • service image
    service image

    APN アドバンスドコンサルティングパートナー

    AWSに関する営業・技術体制があり、AWSでのシステムインテグレーションやアプリケーション開発などの実績が非常に豊富なパートナーにのみ与えられる認定資格です。
    弊社は、クラウドの黎明期からAWSの利用を開始し、これまで多くのお客様向けに、クラウドネイティブなアプリケーション開発やクラウドマイグレーションなどの案件を手がけて参りました。

  • service image

    AWSパブリックセクターパートナー

    AWSパブリックセクターパートナーは、政府、教育機関、および非営利組織に対して、AWSのソリューションを駆使した支援が期待できるパートナーを認定する制度です。

    今回の認定により、弊社がこれまで培ってきた公共部門での実績に加え、AWS公共部門チームとの連携が強化されることで、より高度なサービス・ソリューションの提供が可能となります。